JRT wee-wille-winkie kennel


うちのJackRussellTellierの平凡日記
by JRT wee-wille-winkie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

群馬

群馬のショーでした
ICを下りる時も、たぬき、道路にもたぬき
たぬきがいっぱいな所でしたよ 暗闇の中のたぬきさんが不気味で妙なムードでした

何しにいったんでしょう??
ご飯も景品もでて、駐車場代もとられなくて嬉しい
ショーは無愛想のため007.gif
待ち時間に他の子と遊びたいのに遊べなくて
審査中に仕返しされました
審査員の前でもブス顔

出番がなくなったので
会場で遊んでから
ロザリーのきょうだいに会いに行っていーっぱい遊びましたとさ

ナビに沢山騙された日でした
データーが古くて、北関東道にさっさとのらず散々一般道を走らされ
帰りは、佐野藤岡から東北道にのりたいのに意地でも館林にいきたいらしく
ナビに013.gif
あばら骨が痛い原因はおなかの贅肉が増えたからみたいです
[PR]
by wee-wille-winkie1 | 2009-03-22 22:19 | Dog

埼玉西オールブリードクラブ展

今年2回目のショーです
インフルエンザ明けの病み上がりで人がベストコンディションじゃなかったのは確かだけど
目録通りだったら、良かったんだけどクラス変更などがあったりで・・・・・
とりあえずウイナーだけど
オーバースペシャルできなくて
ウイナーどまりで撤収・・・・・
少し応援してから帰りました。
ハンドラーのミス連発
いい所を全然アピールできないまま終わってしまいました。
本日の結果は
ウイナーでした。

あばら骨が痛い007.gif
車のシートがバリケン置いているせいで、動かせないのよ
そろそろ車内の配置変えしなきゃ長距離運転は大変だ
車替えたいけど、エコ替えにもならない
[PR]
by wee-wille-winkie1 | 2009-03-08 22:57 | Dog

本当に大事なことは

狭い日本でも、犬が欲しいと思えば
ペットショップ、大規模な繁殖直売屋さん、繁殖を趣味としお小遣い稼ぎしている人
真面目に犬種と向き合ってブリーディングしている人。
インターネットで探せば、ご存知のとおり沢山ヒットします。
こんなにも、沢山の所から迎えることができます。
選択肢が沢山あるという事です。
それに伴い、価格にも随分な差があります。
1万円く位でペット市場に卸されて、ペットショップの店頭に並ぶ価格が20万円とか
値下げしないで、小さいうちに売れればかなりの儲けになります。
買う側としては、無愛想な人なんかより
ニコニコして、可愛いですよしか言わない愛想のいい店員さんから売ってもらうほうがいいかもしれません。

残念ながら市場経由の子のほとんどの
両親は、どんなところで育って、どんな環境にいるのかなんて知ることができません。
安ければいいとは、限らず
高いからといって必ずいいともいえません。

簡単に誰にでも売ってくれる人
なかなか売ってくれない人
せっかく、犬が欲しいと思ったのに、繁殖者から断られた。
消費者にとっては、とても不快な事だと思います。
客が買うといってるのに、店は売らないといっているのと同じ事です。
何を勘違いして、殿様商売してるの? そう、思う人のほうが圧倒的に多いでしょう。

実際、断りました。
この、日本にも飼い主さんを決めるにあたってじっくりと検討する人が存在するのも事実ですが
数は少ないと思いますが、産まれてきた子達を大事にしている思いがあるから
出来ることでもあります。


運動好きな犬種なのに、いつも抱っこして座っていたいなんて犬に求めても無理です

人の足腰が弱いのに、大型犬?

沢山の犬種がある中から、流行などで好みを判断するのも危険だということです。
大人になったら、どれ位の大きさになるか
お手入れは、どうしたらいいのか
気が強い性格、おっとり系、多頭に不向き
その、欲しいと思った犬種について多少の理解をする事が必要であり
どうして、その犬種が改良されてできたのかなど知っておくべきでもあります。

流行だけで、安易に犬を飼ったりするには、リスクが伴うと同時にいい結果にならなかったりします


そんな事になってほしくないから、繁殖者は飼い主さんを選ぶ権利があると思います。
せっかく、苦労して大事にしてきた子なんだから
ずっと、一生大事にされるところにとついでほしいからです。

繁殖する人の全てをブリーダーと、呼ぶことが多いですが
パピーミルもブリーダーの中に入ってしまいます。

素人でも、プロでもブリーダーという事です
解釈のしかたが間違えているような気がします。
誇りをもって、日々勉強して、その犬種を愛し、日々の努力をおしまず、海外などに足を運んででも
犬の事を理解しようとして、その犬種の本来あるべき姿、気質などの全てと、スタンダードを守っていく事を
する人がブリーダーといえると思います。

産め、売れ、を繰り返しているのなんてブリーダーとはいえません。
ただの、生産者です。

私自身も、世の中から見るとブリーダーの一種なのかもしれませんが
一人前どろこか、半人前なので
ブリーダーと言うにはと遠いです。

犬を繁殖するという事は、とても大きな責任を背負う事になるという考えです。
♂、♀がいれば誰でも繁殖する事ができます。
産ませて売ることは、誰にでもできます。

でも、中身はどうなの?
心身共に、健全で健康でなければなりません。

とても、残念なのが
中身を気にする人が少ないということです。
面白くないことがあれば、うちの子はペットなんだからなんか関係あるの?
そんな態度をとられたり
きにいらなければ、文句を言うだけで何の発展にもならない事です。
広告や、規模、CMをしているからとか、店舗の立地条件がよくて買ったお客さんの写真を
店内にはってもらえるからとか営業的戦略にのらず
色々な所を、見て比べる
実際のところ犬に対して愛情があるのか(商売道具の扱いはしていないか)
尻尾をふってくれて可愛かったから
売れ残っていて見ているのが可哀想だったからそんな同情的な感情で決めたりせずに
時間をかけてでも、飼い主自身も愛犬探しに時間を費やすべきです。


血統証にCHとかのっているから見栄なのでしょうか?高値のつく高級犬なのでしょうか?
CHとついれいれば、dog showにだしたりして当然経費もかかります。
アジリティーやトレーニングなどのCHも訓練したりして大変です。
現在、日本にいるJRTの先祖さんはオーストラリアが圧倒的に多いと思います。


CHがついているからといって見栄をはっているとか、そんな解釈をされては困ります。
苦労して、育てた子だからこそ
オーナーさんを決めるにもじっくりと検討したいという事です。
大事にされるところにとついでほしいからです。

早く、puppyを手放したほうがいいという、意見も実際にありましたが
3ヶ月は絶対に1歩も譲りませんでした。
生後1ヵ月ちょっとで店頭に並んでいる子も沢山います。
離乳食が始まって少したった頃で、足元もまだ安定していない時期で
色々物や事に興味を持ったりする頃で、そんな学習するべき事がいっぱいある時期にわざわざ
親元から離すなんて考えられませんでした。
両親や、きょうだいといっぱい遊んだり、こうしたら痛いとか怒られるとか
自然と学習していました。
真面目なブリーダーさんは、みんな3ヶ月位にならないとオーナーさんの所に行っても
心配だから絶対に手放さない
そんな教えの下で3ヵ月にしました。
はじめは、よくわからないままでしたが
何で、3ヶ月なのかという事なのか少しは理解する事ができました。

ショークオリティーの子だからと言って
必ずdog showに出ているわけでもありません。
でていなくても、ショーにでればもいい成績をおさめる事のできる犬質の子も実際にいます。
showだけのための子ではなくて、
第一に、一般家庭で愛情を注がれて育つべきだからです。
うちの、子達もみんな家庭犬です。
冬は、こたつの中で冬眠
夜は一緒に寝ています。人が家にいる時は基本的には自由人です。
繁殖や、dog showにだすだけの為の子じゃないからです
犬舎はうちには、ありません
ごく、ごく普通のご近所の家のような
そんな、環境で犬を飼っています。
犬舎に閉じ込めて飼うのも好まないし、相棒であり、家族だから一緒に過ごします。

飼い主の勉強のためにdog showにお付き合いしていただいているだけで
嫌がっているのに無理やり出したりしないで楽しんでくれるから出陳します。
練習も楽しんでお付き合いしてくれます。
練習大好き、show会場大好き、本番大嫌いな子がいますが無理はさせずに
彼女にお任せすることにしています。

車にのって、長旅なのに犬が楽しそうにはりきっておでかけしてくれるんです。
前の日から、ハウスに入って出かけるのを待っている位です
ドッグショー、ドッグラン、と言うとお出かけ準備です。
遠足の前の日に嬉しくてなかなか眠れない子供のようです。

ラティエルは、ハンドラーさんを見つけると、大喜びです。
ちょっと悲しいけれど、飼い主より大好きなんです。
絶対に家では見せないくらい喜ぶんです。
遠くにいても、ちょっと声が聞こえただけでもすぐに見つけてしまいます。
きっと、お互いの絆が固く結ばれているんでしょう。

DOG SHOWは金持ちの見栄だとか
悪い意味の解釈をされがちですが

繁殖した子が、正しいブリーディングなのかどうか
第三者に評価していただく場でもあります。

出すのも簡単な事では、ありません。
見て審査をしていただくので、コート、コンディション、マナー、ショーマンシップ
全部を管理しなければなりません。
華やかな世界のようにみえますが、美しい犬達は
日頃の努力の積み重ねがあるからこそ、ショーで美しい姿を見せています。

産ませて、売るだけなら誰でも儲かる事でしょう
沢山増えて、崩れてしまった事があるのも事実であり

守っていく事も必要だということです

これは、にんじんですといって
ナスなんじゃないの?
そんな事言われるのも、いや


遊びでも、職業でもありません。
職業にするのは、絶対に無理な事でしょう

今後、沢山学ばなければならない事があるからです。
勉強するのも、タダではありません
遠くにでかければ当然交通費もかかります。
海外に行けば飛行機代などいっぱいかかります。
dog showに行くのも、ガソリン、エントリー代がかかります。
繁殖すれば、儲かるとか思われがちですが
 世間が思っているように甘く、安易に考えられてしまう事とは
とても、遠い事なのです。

スタンダードを目指し
犬質の向上を常に目的とし
人間自身も成長しなければなりません。

それに伴い、見る目を養うこと
自分自身でハンドリングする場合は、ハンドリングセンスを磨く事

本当に、好きじゃなきゃできない事であり

沢山の方々の協力があるから、成り立っている事なんだなと思うこのごろです。

焦っても、急に成長するわけでもなく

急成長しても、いい結果になるわけでもないし

基礎の積み重ねでもあります。
[PR]
by wee-wille-winkie1 | 2009-03-05 21:23 | Dog


クリックおねがいします
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2004年 08月
2004年 07月
お気に入りブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧