JRT wee-wille-winkie kennel


うちのJackRussellTellierの平凡日記
by JRT wee-wille-winkie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ドッグショーのハンドリング料金の相場の?

ドッグショーのハンドラーについてです。
うちの可愛い子とエンジョイ派のオーナーハンドラー
人の犬を引いて生活している 職業としているハンドラー
大雑把に、このふたつに分かれます。

職業としていると、生活がかっています。
職業とせずだと、生活がかっているわけでもないので自己満足というか趣味の分類です。

調べてもなかなか分からないハンドリング料金についてです。
まず、ドッグショーに行くとなれば
市内中心部の便利な場所というより
家もない、山奥の空き地だったり
はっきり言って交通の便の悪い場所だったりするので
有料道路料金、ガソリン代、車両関係費がかかります。
ホテルも何もなかったりで、車中泊が多いとおもいますので
車で寝て、お風呂はその辺のスーパー銭湯や温泉。
運が良ければ会場付近のホテルに宿泊する事ができます。
従業員を雇っていれば、その従業員のお給料分
遠征中の食費などなど、諸経費がかかります。
単純計算で、大雑把に計算する事ができるかと思います。

これは、諸経費の分で
預かっている犬の数で割る場合
何頭預かっていても遠征費の頭数割は一切なしの二つがあります。

ショーにだすためのトリミング代金
預かりしているボーディング料金

ショーにエントリーするエントリー費
ハンドリング料金
 ハンドリング料金は、1回何円の所もあれば
 ハンドリング基本料金+成績によるチャージ制 いろいろです。

よくみかける、犬が台にのっかってポーズをとっている写真代(ほしければ)

ハンドラーによっても料金は異なり
公に料金表を公表している所はなかなか見つかりません。
直接聞いて教えてもらうしかないのが現実です。

うちの愛犬をハンドラーにたのみたいけど・・・・・
右も、左も分からない
ある程度ショーにかかわっている人なら、いろんな事を耳にしたり目にしたり
色々ありますが、何も分からないと運で左右されてしまいます。

ハンドラーに愛犬を預けたのに
虐待されていたとか・・・・
管理が悪くて病気になったとか・・・・
知っている範囲でも、まわりでもけっこうおきています。

ハンドラーの人脈的実力で勝つのか
ショードッグとしての犬質で勝つのか
どちらなのか見分けたり、気が付く事ができるのかは飼い主自身です。

プロの手にかかれば、犬質としては?でも勝てます、チャンピオンになれます。
同犬種のチャンピオンネームのつく犬を並べてみても
タイプ的にも異なったりいろいろだったりします。

繁殖商売のネーム付けでショーに出す人もいます。
その犬種が好きで犬種の向上のための確認の場としてショーに出す人もいます。

勝てるだけの犬=いい犬
 それは、間違いです。
審査は、ストップウオッチでタイムをはかり、正確さを競うわけでもなくて
個人的感情、考え、好みなどなど
一応、その犬種の見本となるスタンダードがあるけれど隅々までマニアックな事まで
頭に入れている人なんていません。
人にはわかりにくい、人間の心が動く事なのでその時によって異なります。
ショーの成績はお金で買う事ができます
それなりのハンドラー(に預ければ、そこそこそれなりの成績をとる事が簡単です。
ネームがいっぱいついている犬を繁殖に使っても
必ず、いい子孫ができるとは限りません。
常にアンテナをはっておくことも必要です
遺伝上の問題はおきていないのか?などなど
できる限りの事をしなければなりません。
商ドッグなショードッグになってはいけないということ。

飼い主の欲求をみたすための道具ではありません。
しかし、はじめは犬が好きで初めても個人的欲求を満たす方向に走ってしまうのも多く目にしています。
人間の心的問題なので
いい意味でのよくばりさん
悪い意味のよくばりさん
  選ぶのは本人次第です。

年中ショーで走って犬もショー慣れして人もショー慣れしている方が
圧倒的に有利です。
スポット出陳のオーナーハンドラーだと不利な事が多いですが・・・・
まあ、それも楽しみなのです。

見せようが、隠そうが いい犬はいい というような事を某ブリーダーさんが言っていました。
それは、私も同感です
気に入った子がいると、知らない人なのに話しかけてきたり・・・・・

ショーを見に行っても
JRTを宝さがしをするかのように、探しています。
でも、残念ながらなかなかいません。
ワクワクして、惚れ惚れする、心がホットになって、ときめく子
ここ、?年みていません。いません。・・・・・・・・

沢山の犬種がいて、沢山のハンドラーさん(プロ・アマ)がいて
ハンドラーさん探しをするのも面白いです。
ここまで仕事をしてくれて、犬をよく見せてくれるハンドラーは誰なんだろう?
そうおもいながらみているのも楽しいです。

ある方向の欲に走っては良いけれど
ある方向の欲に走ってしまうとおしまい。

という事で、料金計算は大雑把にしてみてください。
細かい事は、ここになんて書けません。
 気になるのなら、お願いしたいハンドラーに聞いて
多方面の色々調査して・・・・・自分の目で確かめて、自分で判断するのが一番だとおもいます。
楽しみ方は人間いろいろですから~
[PR]
by wee-wille-winkie1 | 2012-04-21 02:18 | 独断な雑学
<< しぶときお花見 気まぐれ営業中 >>


クリックおねがいします
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2004年 08月
2004年 07月
お気に入りブログ
ライフログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧